本文へスキップ

ワイマチック株式会社はセンサー、ロガー、無線通信を専門とするメーカです。

http://www.ymatic.co.jp

ワイマチックは無線センサーネットワークをコンセプトに2000年に産総研と共同開発したセンサーノードネットワークをスタートとして、センサー/ログ/無線ネットワークを主体としてユニークな製品を開発してまいりました。いよいよセンサークウドの時代になり、”センサーを無線でネットワークに接続”をテーマに今後製品開発を進めてまいります。

製品一覧PRODUCTS

新製品 Bluetooth データロガー


 温湿度データロガーがBlueToothになりました。従来、設定やダウンロードにはUSBケーブルを接続する必要がありましたが、BlueToothになり、あたかも、USBに接続しているような感覚で、無線でコントロール、ダウンロードできるようになりました。PCには特別の受信機は不要で、しかもタブレット端末、スマートフォンからもアクセスできます。電池の充電は通信中でも可能です。

「BL-100」

 ○○○○○○○○イメージ


■特長 ● BlueTooth Class1に対応、通信距離100m
● 内臓センサー デジタル温湿度センサ、MEMS加速度センサー
 外部センサー 熱電対,発汗センサー,深部体温センサー、ドップラー動きセンサー,ワットメータ,熱流速センサー
● 内部メモリーによるロガー機能,通信を中断しても、内部メモリーに記録し、ダウンロードできます。
● 電池、充電回路内蔵 通信中でもマイクロUSBケーブルで充電できます。 ● 超小型、57x35x15mm,多彩なアプリケーション-深部体温計、発汗センサー、コンクリート湿度計等

BL100のページ

超小型データロガー SHTシリーズ

[SHTDL3 デジタル温湿度ロガー]

■SHTDL3 超小型温湿度ロガーのベストセラーです。超小型、電池交換可能、温湿度同時記録、16000データの記憶容量。低消費電力、長時間記録など、温度・湿度ロガーに要求される機能はすべて備えています。5年前から製造しており、その間ユーザに支持され、多数の販売実績があります。
○○○○○○○○イメージ

 ■ SHTDL3の特徴
・超小型です。幅13mmx長さ25mmx厚み4mmの中に電池を含め、必要な機能すべてが入っています。
・市販のボタン電池(CR1220またはCR1225)が使用交換が可能です。
・温湿度センサーは高精度・デジタル温・湿度度センサーにより、キャリブレーション不要です。
  ・大容量の不揮発性メモリー。16000データの容量があり,1分間隔で測定すると266時間連続記録できます。
  ・温度、湿度、結露温度、絶対湿度(1立方mの数分量)を測定記録できます。
・センサー外付けタイプSHTDL2もあります。靴や下着の通気性の測定などで使われています。多点温度測定、例えば都市の温度分布などに使われています。 また、データセンター内や住宅の細かい温度分布の時間経緯が簡単に測定できます。

SHTDL3のカタログ


[SHTDL4 4ch熱伝対ロガー]

  わずか20mmx30mmx8mmの超小型ながら熱電対を4本接続でき、MAX32000ポイントを最速秒3ポイントでデータを内部メモ リーに時間と共に記録します。メモリーは不揮発性で電源を落としても、データは失われません。記録したデータはUSBでダウンロー ドできます。内蔵の補償温度計をデジタル化し、精度を上げました。 本体重量はわずか2gなので、高速回転体等遠心力がかかる部分にも安心して使用できます。また、容積が小さく、今まで考えられな かった極小空間にケーブルの引出しなしで設置できます。また、高温下での測定の場合、実績として周囲温度105℃までの高温にロガー 本体が耐えますので、耐熱容器も目的に応じて自由に選択できます。

SHTDL4のイメージ

■零点補償温度計に工場で厳密に校正されたデジタル温度センサーを採用する事により、これまで熱電対温度計測で精度を落として いた問題をクリアーしました。 ■分解能2μVの高精度ADコンバータにより、熱電対電圧をダイレクトにデジタル化していますので、アナログ部分の経年変化はあ りません。 ■高速0.3秒スキャンにより、4chの熱電対を同時刻にサンプリングします。 ■SHTDL4は内部EEPROMにMAX32000ポイントの温度データを記録する事ができます。 ■小型、クロメル、アルメル4chコネクター(K型)等により狭い場所でも熱電対を接続できます。 ■データのダウンロードはUSB。PCに接続したまま、リアルタイムでの今度監視も可能です。 ■周囲環境105℃までの動作実績があります。超小型なので1000℃以上の耐熱容器の自由度がとれます。 ■長時間記録電池は内部DC/DCコンバータにより2.2Vから3.6Vまで使用できます。電池電圧が下がっても長時間の計測が維 持できます(電池は周囲温度により、電圧が大きく変化しますので、ご注意ください)

SHTDL4のカタログ


[SHTDL4-HiSpeed 4ch高速熱伝対ロガー]

  通常の熱電対で秒単位のサンプリングでは、正しい温度変化は見えていません。実は温度は急激に変化している場合が多いのです。通 常の熱電対では線が太く、その線を経由して放熱するので、昇温が遅くなります。先端が数十ミクロンの熱電対では放熱量が少ないの で、昇温が速くなります。1秒以内に数十度の急激な温度の上昇と下降がある場合、通常の熱電対では計測できません。このため、重要 な熱ストレスを見逃す場合があります。 SHTDL4-HiSpeedは秒100回のサンプリングで、この現象を見逃しません。しかも、わずか42mmx35mmx12mmの超小型な がら熱電対を4本接続でき、各チャネル57000データ、合計22万データを570秒間(約9分)内部メモリーに記録します。メモリーは 不揮発性で電源を落としても、データは失われません。記録したデータはUSBでダウンロードできます。また、内蔵の補償温度計をデ ジタル化し、精度を上げました。 本体重量はわずか8gなので、高速回転体等遠心力がかかる部分にも安心して使用できます。また、容積が小さく、今まで考えられな かった極小空間にケーブルの引出しなしで設置できます。また、高温下での測定の場合、実績として周囲温度105℃までの高温にロガー 本体が耐えますので、耐熱容器も目的に応じて自由に選択できます。

○○○○○○○○イメージ

■零点補償温度計に工場で厳密に校正されたデジタル温度センサーを採用する事により、これまで熱電対温度計測で精度を落として いた問題をクリアーしました。 ■分解能2μVの高精度ADコンバータにより、熱電対電圧をダイレクトにデジタル化していますので、アナログ部分の経年変化はあ りません。 ■高速0.3秒スキャンにより、4chの熱電対を同時刻にサンプリングします。 ■SHTDL4は内部EEPROMにMAX32000ポイントの温度データを記録する事ができます。 ■小型、クロメル、アルメル4chコネクター(K型)等により狭い場所でも熱電対を接続できます。 ■データのダウンロードはUSB。PCに接続したまま、リアルタイムでの今度監視も可能です。 ■周囲環境105℃までの動作実績があります。超小型なので1000℃以上の耐熱容器の自由度がとれます。 ■長時間記録電池は内部DC/DCコンバータにより2.2Vから3.6Vまで使用できます。電池電圧が下がっても長時間の計測が維 持できます(電池は周囲温度により、電圧が大きく変化しますので、ご注意ください)

SHTDL4-HiSpeed 4ch高速熱伝対ロガーのカタログ


[HT100-24G-TC 無線熱伝対センサー]

  無線方式の熱電対温度センサーです。ケーブル敷設の必要はありません。 Ymatic独自の省エネ方式により、ハイパワー出力での電池は1年間交換の必要はありません。

○○○○○○○○イメージ


特長
● 受信機1台で100台まで
● 無線 IEEE802.15.4./2.4GHz。通信距離100m以上
● 防水、防塵、80x55x30 アルミダイカスト小型ケース。
● 低消費電力による長電池寿命
● 100個までのH100を同時測定(ランダムプロトコル)
● シース熱電対(JIS B,R,S,N,K,J,T)
● 電池 単三リチウム(1年)、単三アルカリ(半年)
仕様
対応センサー シース熱電対(JIS B,R,S,N,K,J,T)
同時使用台数  100台
受信機 USB接続
PCソフト アプリケーションソフト付属
電源 単三電池2本(10分間隔で約半年)
外形寸法 80x55x30mm
通信距離  見通し100m
無線規格 IEEE802.15.4準拠
周波数帯 2.4GHz
送信出力 +9.08dBm(8mW)
受信感度 -100dBm)
電波認証 ARIB-STD-T66 工事設計認証 (技適)

HT100-24G-TC 無線熱伝対センサーのカタログ


超小型加速度データロガー

[Accstick4 加速度ロガー]

  AccStic4で使われているMEMES加速度センサーは携帯電話の向きの検出や、PCのHDDの落下の検知、ゲ ーム機、振動モニター、傾斜計、歩数計など、すでに身近な機器で使われています。AccStic4は人や物の動 き、傾き、振動等の分析を行うために開発した、ワイマチックの第三世代の加速度ロガーです。超小型化に成功 し、わずか17x30 x10mmのサイズに加速度センサー、フラッシュメモリー、RTC、CPU,電池が搭載さ れ、重さはわすか4gですので、測定対象物に影響を及ぼさずに振動の測定ができます。 動きや振動、傾斜等、X,Y,Z軸の加速度を可視化します。操作は簡単で、PCとUSBケーブルで接続し、各種 設定を行い、跡はケーブルを外して、該当物にとり付けるだけで加速度を記録できます。

○○○○○○○○イメージ

@10mS/100Hzからのサンプリング周波数 機器の固有振動から長期間の傾斜までサンプリング間隔を選べます。 A測定開始トリガー 開始トリガーは時間指定、開始遅延が可能です。 Bセンサー感度切り替え±2g ±4g ±8g センサーの感度を切り替えできます。 Cデシメーションデジタルフィルター 50Hz,100Hz,400Hz、1000Hz切替 センサーのローパスフィルターを選択できます。 DFFT機能 内部でFFTが可能です。簡単な振動周波数解析ができます。 Eスタート遅延 スタートしてから記録開始まで、秒単位で遅延させることができます。 F傾斜計では512回積分で精度を向上しています。 Gデータ直読機能 グラフをポイントすることにより、その時点の時間、XYZの加速度が直読 できます。 Hデジタル温度・湿度センサー @回転機器の動きの計測 A人体につけて、各部の動きの解析。 Bモータスポーツでの、ブレーキ、コーナリング等の加速度の記録。 C傾斜計 D機器の振動解析 E落下試験のデータ収集 F歩行分析 G運送中のショックの記録

Accstick4 加速度ロガーのカタログ


[HSADL 高速・高G加速度ロガー]

@超小型、6軸センサー、記録メモリー、電池を含めて35x17x13mm A6軸MEMES加速度センサー B±16g、±70g、±250g、±500gフルスケール(発注時指定) CハイスピードサンプリングDC - 50KHz D32Bit CPU 大容量4MByteフラッシュメモリー E省電力制御待機状態では消費電流数μA。超小型リポ電池 Fデータダウンロード不要、PCからデバイスとして見えます。 G時間トリガー、加速度マイナス時間トリガー H複数同期用スタータ I共振防止アルミケース 

○○○○○○○○イメージ ○○○○○○○○イメージ

14x25mmのサイズの加速度ロガーです。センサー並の大きさで、記録が可能です。軽 く、サイズも小型なので、測定環境に影響を与えません。外部にワイヤーを引き出す手間も なく、電源の供給もいりません。 AMEMES加速度センサー 半導体プロセスで製造されるので、性能が均一です。近年、22KHz共振周波数の高速な センサーが開発され、500G,50KHz以上の高速振動現象も測定できるようになりました。 B高性能加速度センサー 高G、ハイスピードの3軸加速度センサーと低G(±2G)高S/N3軸センサーの両方を搭載 しています。特に低Gセンサーは0.06mGの分解能を持っています。 C高速サンプリング 5KHzまでのサンプリングはダイレクトにフラッシュメモリーに書き込め、約136秒間記 録できます。これ以上のサンプリングは内部RAMにバッフア記録し、フラッシュに転送し ます。 D32BitCPU/4MByteフラッシュメモリー 4MByteの大容量フラッシュメモリーを搭載しています。100Hzのサンプリングなら2 時間近くの記録が可能です。記録データ数682,000ポイントX,Y,Z軸各2バイト 100Hz,113分、500Hz 22分、1000Hz 11分、5000Hz136秒,50KHz 13秒 E省電力制御、超小型リポ電池 リポ電池は超小型サイズで瞬発力があります。待機時間中は数μAで待機しており、計測 を開始すると80MHzのフルパワーでCPUが起動するのに十分な電流を流すことができま す。 Fデータダウンロード 4Mバイトのデータをダウンロードするには従来のシリアル通信では10分程度の時間が 必要です。HSADLはPCとUSBで接続した時点でUSBメモリーのようにドライブとして見 えますので、データを瞬間にコピーすることができます。 G多彩なトリガーモード 一定の時間での繰り返し記録と、HSADLにかかる加速度値から記録トリガーをかけるモ ードがあります。トリガー以前の記録を行う、プリトリガーとトリガーの一定時間後に記録 するポストトリガーがあります。 H同期用スタータ 複数個使用する場合、各HSADLのスタート同期をとる必要があります。20個まで同時 に内部RTCのリセットを行うことができます。 I共振防止用アルミケース 基板を両側ではさみ込み、共振を抑えるスペーサがついた、赤いアルミケースを用意しま した。 共振防止用赤いアルミケース エンジンの軸の計測は従来から課題でした。外部から見えれば、レーザ計測が可能ですが、見えない場合、センサーを回転軸に組み 込むのが理想ですが、従来は大きく不可能でした。HSADLは小型なので、遠心力±500Gまでなら回転体にダイレクトに組み込むこ とができます。また、高Gセンサーを基板の中心軸に配置しているので、軸ブレ計測に対応できます

HSADL 高速・高G加速度ロガーのカタログ


バナースペース

ワイマチック株式会社

〒130-0024
東京都墨田区菊川3-12-6-604

TEL 03-3633-1761
HTTP://www.ymatic.co.jp

ご用命は下記代理店までご連絡ください。

      

販売代理店

工業計測専門商社

有限会社 シスコム

TEL 03-6907-9105


生体計測専門商社

テクノサイエンス株式会社

TEL 043-296-1068


ユニーク製品

無線ワットメータ
電力の使用量を無線でモニターします。


独居老人孤独死モニター
独居老人の動きをBluetoothでモニターします。


無線 ペット探索機
いなくなった迷いネコを無線で探し出せます


バナースペース